いじめられっ子から障害者になった人生四半世紀

いじめられっ子から障害者になった人生の四半世紀分の話

高校入学

高校は、小学校も中学校も同じでない、つまり誰も知っている人がいないところへ進学した。


勉強が足りず、公立高校には落ちてしまったが、それでも私立の進学校に入学することができた。


やはりそれなりの公立高校へ進学することが、私の住んでいる地域では良しとされていたので、親には怒られたが、自分よりも少しレベルの高い学校に合格できたのは純粋に嬉しかったし、


なにより、誰も知っている人がいない場所で再び学校生活を始められることは、私にとっていじめられっ子から脱却し、再び毎日学校に通えるようになるためのチャンスでもあったと今でも思う。

広告を非表示にする